経済的自立を目指す人

FIRE予備軍の生活

FIREの資産計画や生活について

FIRE後の生活方針

FIREの後の生活プランが大体決まってきました。

非居住者にはならない

住民票を抜いて非居住者になり、金融資産を全て持ち出す選択肢もありますが、医療保険・年金が現状のままのうちは居住者であり続ける予定です。

ビザ無しまたは観光ビザを活用し、海外生活

寒い気候の中で生活するのは無理なので、年のうち半年は物価が安いアジア圏で生活します。ビザ無しでも1-6ヶ月、観光ビザで2-6ヶ月は生活できるので、海外期間の半年間は1−2箇所に留まって生活する予定です。

日本で住宅を購入

残り半年を生活するために日本のどこかに住居を購入する予定です。

実父の死去にともない東京の実家の土地のうち1/4を相続しています。80近い実母が死去すればもう半分を相続する予定のためそこでなんとかすることも考えましたが、妻を残して私が先に死んでしまった時に気まずい思いをさせるのが嫌なので、東京圏または地方都市にマンションを購入しようと思っています。

私は生まれてから今までずっと東京なので、東京圏以外での地方都市の生活には少し憧れがあります。

これから1年くらいかけて地方都市をいくつかリサーチして住宅を購入する予定です。

労働やアグレッシブな投資は無し

特定口座で投資している分のリバランス以外は資産運用をしません。労働も無しです。