経済的自立を目指す人

FIRE予備軍の生活

FIREの資産計画や生活について

美味しい上海

渡航前にThe Food Rangerなどを見て上海のStreet Foodについて学習しました。

www.youtube.com

タイ等の東南アジアと異なり屋台こそ無いものの、テイクアウトで軽くつまむ食べ物が安くて種類も多く便利で、住んだとしてもあまり料理をする必要は無いのではないかと思います。

煎饼(Jiānbing)

煎饼は簡単に言うと中華クレープで、主に朝食に食べるようです。 鉄板の上に円形に広げた生地が焼けてきたらその上に生卵を広げ、さらにその上から味噌ペーストを広げます。その後コリアンダー、唐辛子などをパラパラと乗せ、薄いパリパリした天かす様の板を乗せて巻き、二つに割って完成です。

f:id:tkhrmz:20190503223035j:plain:w320
作りたての煎饼

クレープと同様、作り置きはせず注文を受け次第作るので数分くらいかかります。滞在中に食べたときはいずれも追加の具無しで6 RMB(100円くらい)でした。

味噌と卵の味の後に、パラパラ振りかけたコリアンダーの味と唐辛子の強い味がやってきます。 天かす様の板のおかげでパリパリした食感があり美味しいです。

ちなみにアンオフィシャルではありますが、4月30日は世界煎饼デーだそうです。

串串香(Chuànchuànxiāng)

成都の食べ物だそうです。串に刺された具を麻辣味のスープでなどで煮て食べます。レストラン形式で席にある鍋で煮るタイプの店もあるし、具を選び、煮てもらったものを容器に入れてもらい持ち帰ったりその場で食べたりという簡単な店もあります。

f:id:tkhrmz:20190505141425j:plain:w320f:id:tkhrmz:20190505141436j:plain:w320
佐冷馋·串串里(成都南路直营店)

鍋の写真の右下に写っているのは豚の脳ですが、こういった日本ではあまり食べない食材との出会いも楽しいです。白子のようにそれ自体が味を強く主張するものではなく、クリーミーな食感を楽しむ食べ物という感じでした。

麺(面)

様々な種類の麺類がありますが、どれも美味しいです。しかしながら注文が難しい店もあり、中国語がわからないと苦労します。 また、量的にも軽くつまむというよりは一回の食事分くらいの量があるので、食べ歩きをしたい時に完食するものではなさそうです。

f:id:tkhrmz:20190505142247j:plain:w320f:id:tkhrmz:20190505142258j:plain:w320
冯爸面馆(陕西南路店)

上の麻辣っぽい麺は美味しかったです。下の写真の汁なしの方はホルモンの麺ですが、ホルモン特有の臭みがかなり強く私には少し口に合いませんでした。

f:id:tkhrmz:20190505142637j:plain:w320
味香斋(雁荡路店)

最初にリンクを貼ったThe Food Rangerの動画にも出てきた店です。狭い店内に客がひっきりなしにやってくるため相席必須。食べたらすぐに食器を下げられるので長居する雰囲気ではなく、麺とおかずをサっと食べて出る店です。流石に味は良いです。

高級点心

安くて美味しいものもたくさんありますが、高級点心も美味しいです。クレジットカードで支払いをしたら勝手に日本円で決済されてしまったのはいただけませんが。

f:id:tkhrmz:20190505164412j:plain:w320f:id:tkhrmz:20190505164422j:plain:w320f:id:tkhrmz:20190505164433j:plain:w320
Hakkasan

カフェ

ちゃんとサードウェーブというかマニュアルブリューのコーヒースタンドやカフェも多くあります。

f:id:tkhrmz:20190505164800j:plain:w320
Full Time Coffee(全日志)

f:id:tkhrmz:20190505164931j:plain:w320
Seesaw Coffee(百联世纪店)

どちらもちゃんとしたコーヒーが飲めますが、価格は日本の小規模なサードウェーブコーヒーのショップより若干高めです。バンコクですら日本より高めだったので、日本のコーヒーの価格が上海やバンコクに比べて安すぎるのかもしれません。

Seesaw Coffee(百联世纪店)は座席数に対して店内のスペースが広く寛げます。

その他軽食(小吃快餐)

台湾スイーツ

f:id:tkhrmz:20190505171246j:plain:w320
鲜芋仙(日月光中心广场店)

日本にも何店かある台湾スイーツのチェーン店です。サイズが違うため厳密には比較できませんが、日本のMサイズよりは大きいので、Lサイズの価格と比べると半額以下です。

缙云燒餅

f:id:tkhrmz:20190505172012j:plain:w320
缙云锅盔

生地に梅干しの果肉やら肉を練りこんでタンドールの様な釜で焼き上げます。この店では注文後に生地を仕上げて焼くため、焼けるまで数分かかりますがかなり美味しいです。作り置きの店も見かけましたが、焼きたてではない場合はさほどでもないと思います。練り込む材料によって金額が異なり、一番安い梅肉で6 RMB

馄饨

f:id:tkhrmz:20190505173350j:plain:w320
万宜坊(日月光店)

ワンタンスープです。朝食メニューにあることが多いです。これも中身の具材が色々でモノによって価格が違います。1杯20 RMB弱です。朝早くに食べても昼まで保ちそうなくらいしっかりと量があります。

小籠包系

f:id:tkhrmz:20190505173652j:plain:w320
万宜坊(日月光店)

朝食に食べた小籠包。100円チョイです。

f:id:tkhrmz:20190505173833j:plain:w320
王家沙

蟹粉入り小籠包です。普通のより断然高いですが蟹のダシが効いて美味しいです。

f:id:tkhrmz:20190505174143j:plain:w320
小杨生煎(世纪大都会店)

どこにでもあるチェーン店の焼小籠包です。作り置きなので味はまあ普通という感じです。