経済的自立を目指す人

FIRE予備軍の生活

FIREの資産計画や生活について

2019年第1四半期の資産状況

全体感

前期比+3.73%、前年同期比+11.59%でした。RSUと妻のボーナスとESPPと投資資産の増加がプラス要因でした。とりわけETFが好調です。

f:id:tkhrmz:20190401204116j:plain
資産推移

f:id:tkhrmz:20190401204145j:plain
資産の割合

運用

米国株

2月にSPXLとTMFで最小分散ポートフォリオを作ったので、毎月リバランスしていきます。3月末で2回目のリバランスが終了したところです。ドル建てでETFの運用をしているのは全資産の20%強ですが、3倍のレバレッジなのでリスク・リワードともにx3です。

スタグフレーションには弱いポートフォリオのようで今後どうなるかわかりませんが、最悪半分くらいなどになってしまっても構わないつもりで投資しています。

上の資産計算は便宜上円建てで行なっていますが、実際の運用としてはUSD分は切り離して考えていくため、レバレッジ銘柄枠の円建て資産が増減した理由が為替相場の変動であればアセットアロケーション最適化を目的としたドル転での資金投入は行いません。

将来的にはドル建て資産を全体の50%-75%くらいまでに持っていきたいと考えているため、その場合で且つ資産全体が目標額(下記)に達したら今より低リスクな銘柄(ノンレバレッジ銘柄)へ移行いていくかもしれません。

個人向け国債

資産の半分弱を個人向け国債に割り当てました。1000万円の国債購入につき40,000円のキャッシュバックキャンペーン目当てです。キャンペーン以外には何も旨味がないので1年経ったら解約して別の金融機関でキャンペーン目当ての国債購入を行うか他の資産に割り当てるかする予定です。寝かせておくよりは良いかなくらいの気持ちです。

国債キャンペーンのキャッシュバックをもらうために大和証券大和ネクスト銀行に口座を作って資金移動をしましたが、色々面倒だったので、今の時点では同じことを繰り返すくらいなら他の資産として持っておきたい気持ちの方が強いです。

家計

2019年末のバンコク旅行、GW前半の上海旅行の手配をしたので出費がかさみました。ホテル代はふるさと納税で入手した旅行代理店のギフト券で賄ったため航空券代金だけの出費です。

また、妻から4年くらい使っているiPad miniのバッテリーがそろそろ厳しくなってきたとの申告を受けたので、先日発売されたminiの新しいモデルを購入したのと、私の歯の治療代(金属製インレー・クラウンからジルコニアへの交換)が主だった出費です。

ゴール設定

なんとなく自分だけで考えていましたが、先日妻とリタイアの条件について合意しました。 もし富士通グループにいたら肩を叩かれるくらいの年齢にもなることですし、良いタイミングではないかと思います。

資産は今の調子で増えて行くと仮定してあと2年半が目標ですが、それより前に目標額に達したらリタイアします。現在の総資産を14.5%増やすだけではありますが、元の金額が大きいのでさほど簡単ではありません。目標を具体化することが分かっていたなら、早期リタイアを実現するため個人向け国債よりリスクの高い資産に割り当てることができていたのでタイミングが悪いです。

これから終活を含めてリタイア後の生活設計をしていきたいと思います。