経済的自立を目指す人

経済的自立を目指す人

資産を増やすためのアレコレ

2018年第一四半期の資産状況

全体感

前期と比較して3.95%増加し、前年同期比との比較では9.8%の増加でした。それぞれ株式投資信託分は税引前です。主な増加要因は給与、会社から支給されているRS(Restricted Stock: 制限付き株式)のvestおよび売却、そして満期を迎えたESPP(Employee Stock Purchase Plan: 従業員株式購入制度)の売却です。

国内企業の社員持ち株制度の仕組みは知りませんが、外資ITの場合は以前の職場や各社に散っている元同僚の話を聞く限りではだいたい同じような仕組みです。指定された期間に証券会社の口座上でESPPの申し込みと控除率を指定すると、給与天引きで6ヶ月間積み立てられ、満期を迎えると積み立てた金額で株式が購入されます。その後は決算発表前や直後などのBlack Out期間以外はいつでも売却できます。株式は開始時か満期時のどちらか安い方の時価から15%程度のディスカウント価格で購入できるため、よほど積立金額が少なくて手数料の割合が大きいか、ボラティリティを伴う下落相場で1日に10%以上下落する場合以外は儲かるので私は全力(基本給の15%が上限)で積み立てています。

今回は大雑把な計算で元本に対し25%強(税引後)儲かったため悪くはないですが、掛け金が少ないため資産に与える影響は軽微です。確定申告の手間と為替リスクを考えると人によってはお得と感じないかもしれません。

資産の推移と割合は以下の通りです。

f:id:tkhrmz:20180409080144j:plain
CY18Q1までの資産推移

f:id:tkhrmz:20180331165444j:plain
CY18Q1までの資産割合推移

運用

思うところがあり、2016年5月から継続していたひふみプラスの自動積み立ておよび随時の購入は3月を最後に終了しました。このまま保有しても仕方ありませんので、4月以降の何処かのタイミングで解約していこうと考えています。3末時点での利益は+38.78%でした。

その他ETFは、12月の終わりに購入したVFHを握力なく建値付近でクローズしました。

Q1で仕掛けたものはありませんがQ2から仕掛けていこうと思っている取り組みが2つくらいあります。

一つはつみたてNISA枠を使用してのVTIまたはVT相当の投信の積み立てです。一人あたり毎年40万円しか積み立てられませんので年金がわりです。忘れていたのですが楽天証券にNISAの申し込みをしていたようなので、つみたてNISAへの変更を申請しました。完了後につみたてを実施していきたいと思います。

もう一つはROKOHOUSE式可変レバレッジド・ポートフォリオです。

www.rokohouse.net

3ヶ月ごとにリバランスが必要になりますが、最初は様子見としてBMW M4を購入したつもりでCY18Q1の黒字分を投資します。

家計

私と妻二人とも歯がかけてしまい、白いインレーやクラウンを購入したため総額で20万円くらいかかってしまいました。これで今年は医療費控除確定です。