経済的自立を目指す人

経済的自立を目指す人

資産を増やすためのアレコレ

タイ旅行(2018年2-3月)

f:id:tkhrmz:20180304142746j:plain

2018年の2月末から3月初旬にタイに行ってきました。タイへ行くのは2017年のGW以来なので約10ヶ月ぶりです。
寒い気候が嫌いなので、日本の冬にオーストラリアおよびタイに行くことができたのは幸せです。

旅行の目的

クラビでのリゾートが主目的なので、わずか1週間の旅行期間ではありますが半分強の4日をクラビで過ごしました。残りの3日はバンコクでブラブラしましたが、クラビ最終日くらいに妻が体調を崩し、その2日後くらいに私も続いてしまいバンコクでは半日くらい静養しました。外での発汗と室内の過剰なクーラーのコンボはきついです。

費用

費目 金額(JPY)
航空券(ANA) 37,900
航空券(AirAsia) 26,900
ホテル(Krabi)4泊 78,400
ホテル(Bangkok)2泊 13,500
ピピ島ツアー 11,400
SIM 1,100
レンタルバイク 1,100
その他(食事、交通費等) 33,800
204,100


ANAの航空券はSkyコインを一部充当しました。元値は12万円くらいです。

旅行金額は一人当たり10万円強です。まあこんなもんでしょうか。現金は全てクレジットカードでのキャッシング(2回)で調達しましたが、手数料込みで3.55バーツ/円でした。実勢レートが3.36近辺なのでこちらも想定内です。

クラビでの過ごし方

アオナンというビーチに面した地区のAonang Cliff Beach Resortという4ツ星ホテルに宿泊しましたが、過大評価だと思いました。私もレビューを書きましたが、我々が求める近代的な設備や速くて安定したwifiはここにはありませんでした。アオナン地区には今風のデザインの新しいホテルが何軒かあったし、建設中のホテルもあったのでもっと安くて良いホテルはたくさんあると思います。

クラビ滞在中はスピードボートでピピ島に行くツアーに参加したり、スクーターを借りてクラビタウンや近隣をウロウロしました。滞在した場所が外国人のための地区みたいな場所なので全体的にはやや退屈でしたが、リゾートというものは退屈をエンジョイするものでしょうからまあそんなもんかなという気もします。

アオナン地区にいる外国人を厳密にカウントしたわけでは全くありませんが、中国勢と欧州勢が多かった感じがします。特にどこにでも看板等に中国語があるし我々が通ると「你好」と声をかけて来る呼び込みもいるくらいなので中国勢の多さには驚きます。いろんなところで中国語が通じるでしょうから、マイナー言語圏の人間からすると羨ましいことで、もし私に子供がいたら日本語をネイティブ言語にすることの意味を真剣に考える必要があると思いました。

f:id:tkhrmz:20180304141623j:plain
クラビで借りたスクーター

f:id:tkhrmz:20180304144451j:plain
Ruen Mai とりあえず外国人にはパッタイでも出しとけというアオナン地区のレストランと違って、ちゃんと調理されたものが出てきておいしい

バンコクでの過ごし方

バンコクは何もプランせずに行ってもあらゆるものが近くにあるので、すぐにやりたいことを見つけてそこに行くことができるのが良いところだと思います。今回の滞在は3日程度しかなく、その上体調不良で少し静養したのであまり時間がありませんでしたが、ローカルっぽい屋台街に行ったり廃墟ビルを見に行ったりしました。

滞在したのはHappy 3という安くて快適なホテルです。セーンセープ運河からも近く便利な場所にあるし設備も良いのでオススメです。

f:id:tkhrmz:20180304143236j:plain
ノンエアコンバス 9THB

f:id:tkhrmz:20180304143203j:plain
サイアム地区のローカル食堂

f:id:tkhrmz:20180304143221j:plain
サトーン地区の廃墟ビル。 管理人(ホームレス)に上階へ行くことは無理と言われたので入場を断念

f:id:tkhrmz:20180304174109p:plain
Happy 3からアクセス可能な公共交通機関の駅。運河の駅には運河沿いの小道を歩いて行く。運河の北側にはタイ国鉄の線路があるが、その付近はローカルっぽくて散策が面白い

回線

空港に到着し税関を出て最初にやることは回線調達ですが、今回もtruemoveのTourist SIMを購入しました。自分でSIMを交換するための工具(伸ばしたゼムクリップで代用可)が必要ですが、全く並んでいない自動販売機でクレジットカードで購入することができ便利です。

今回は7日間の利用でおよそ2.7GB利用しました。クラビのホテルのWifiがちゃんと使えればもっと少ないデータ通信量だったと思います。

全体的な感想

2016年頃には街の中心部から屋台が消えてしまったものの*1、多くのビルが建設中のバンコクは昨年にも増して勢いを感じました。Hand Brewのコーヒー(filtered)を出す店も徐々に増えているし、ローカル向けの食堂でもおしゃれな内装の店が増えてきています。次回の訪タイはバンコクにフォーカスし、食事以外にもファッションやアートを見て回りたいと考えています。1年以内くらいにはまた行きます。

*1:とはいえ夕方になると小規模な屋台がチラホラいる