経済的自立を目指す人

経済的自立を目指す人

資産を増やすためのアレコレ

オーストラリア旅行で良かったこと

旅行者視点でのシドニーとその周辺地域限定ではありますが、良かったことをあげていきます。 たくさんありますが、短期旅行者視点なので基本的には表面的なことばかりです。

交通機関

あまり混んでいない

ChatswoodからCBD(Central Business Ditrict)間の電車には10回以上乗りましたが、座席に座れないことはありませんでした。バスも短距離・中距離それぞれ頻繁に利用しましたがほとんど席が空いていないことはありませんでした。

いつもそんなに混んでいないバス

夏休みシーズンだからということもあるかもしれませんが、どこへ行くにも混んでいる東京と比べると大きな違いを感じます。

ICカードの利用で楽々

電車・バス・船はOPAL(オパール)カードというSuicaのようなプリペイドICカードがあり、これで改札の読み取り機にタッチするだけで乗り降りできます。Suicaより認識にワンテンポ時間がかかりますが、そういうものだと思えば特に不便は感じません。

このカードは基本無記名な上に、出場時の清算で残高がマイナスになっても改札を出られてしまうので、電車で帰途につくため空港に行く旅行者はわざわざプラスの残高になるようTop Up(Suicaで言うところのチャージ)してから空港を目指すことは少ないのではないでしょうか。

運賃は電車・バス共に東京圏の一般的な交通機関(会社間の乗り換えなし)と比べるとやや高いです。参考までに、私達が滞在していた Chatswood から市内中心部やや南の Town Hall までの 12.85km の運賃は、7:00-9:00 と 16:00-18:30 は 4.3 AUD (387 JPY)で、それ以外の時間帯は 3.01 AUD (270 JPY)であり、JR東日本の 237円 よりも高いです。

電車やホームが綺麗で静か

乗車時間帯や路線にもよるかもしれませんが、基本的に駅のホームや電車内は静かで綺麗です。良かったポイントは、車内に広告がほとんど無い、放送が必要最小限でボリュームも控えめ、電車の防音設備が良いからなのかわかりませんが走行音が静か、というところです。

清掃が行き届いている駅

帰りの飛行機を降り、羽田空港国際線ターミナル駅から京急線のホームに降り立ったときに(朝の5時過ぎなのに)ひっきりなしに流れていた放送のやかましさや電車に乗ったときの文字情報の多さには本当に面食らいました。

お金関連

現金が不要

交通機関・回線業者・ほとんどの飲食店でクレジットカードが使用できるので現金の引き出しは結果としては不要でした。実際にはボンダイビーチに行った時に注文してから気付いたことがあったのでそこで現金決済を行いましたが・・・

店によっては「サーチャージ」と称して1%-2%程度の手数料を乗せてくるケースもありますが、数千円の出費での1-2%くらいの手数料は100円もしないくらいなので特に意識することも無いです。

前述の交通系ICカードであるOPALカードのTop Upもクレジットカードでできます。

次回シドニーに行くことがあったら多分現金の引き出しは行わないでしょう。

自分での決済やセルフレ

クレジットカードが使える店ではワイヤレスまたはケーブルが長いワイヤードのハンディ端末があり、店員が連動しているPOSから金額を入れたり端末に直接金額を入力するとその端末をこちらに渡してくれるので、客側は(接触型ICカードであれば)自分で機器にクレジットカードを挿入し、金額によってはPINを入力して決済します。レシートは言えばくれます。

ハンバーガーショップの決済端末

また、スーパーではほとんどセルフレジがあるのでそこで商品をスキャンし、上記と同じ手順で決済します。

スーパーマーケットのセルフレジと決済端末

日本の飲食店などではクレジットカードを店員に渡し、それを持って行った店員が私の見えないところに持っていき決済し、サインするレシートとともにカードが帰ってくるような仕組みが多く、サインだけでの承認だしカードが手元から無くなるので不安ですが、オーストラリア方式であればカードが他人の手に渡ることが無いので安全だし衛生的にも良いです。スペインのイビサバルセロナでも同じ方式でした。

食べ物の物価はそんなに高くない

レストランではメニューに書いてある金額はそれなりにしますが、ひと皿あたりの量が多いので、グラムあたりの単価で見るとそんなに高くないという印象です。レストランにとっては良いお客ではありませんが、私達夫婦の場合はひと皿を2人でシェアして丁度良いくらいの量でした。このため食べ物は各種1品ずつ、ドリンクを人数分というパターンが多かったです。

スーパーで売っている野菜・鮮魚・肉類も種類が豊富でそんなに高いという印象は受けませんでした。野菜にしろ肉にしろとにかく種類が多いのが羨ましいです。もし住んでいたらいろんな種類の食材でいろいろな料理をしてみたくなります。

電柱や電線が少ない

CBDのような中心地でもChatswoodのような住宅地でも完全に地中に潜ってはいませんが、電線が少ない上に空中トランスも無く、空がスッキリしていました。

歩道を爆走する自転車がいない

元々歩道が広いというのもあるし自転車(特にママチャリ)が少ないというのもありますが、歩行者を蹴散らして走って行く自転車を見ることはありませんでした。

統一感

景観や建築基準などに関しての厳しい規制があるのかもしれませんが、統一感のある街並みでありながらも個々の建物の小さな個性を見つけるのは楽しく、歩いて楽しかったです。

音声が全体的に静か

日本のどこのエスカレーターにもある放送が全く無く、それ以外にも拡声器での暴力的な音声というのがほとんどありませんでした。もちろん店舗での呼び込みや独り言のような声だしも無く、音声に関しては全体的に静かで良かったです。

公園が綺麗

どの公園にもごみ箱と犬の糞を入れる袋が常備されているからか、ゴミが散乱していたり犬の糞が落ちているようなことは殆どなく、気持ち良く過ごせました。街中にゴミが少ないのも至るところにごみ箱が置いてあるからかもしれません。

綺麗な公園

自然が豊富

シドニー中心部からバスで1時間も行けばボンダイビーチやマンリービーチといった有名なビーチに行くことができます。それぞれのビーチ自体は泳ぐ目的で考えた時の綺麗さはありませんが、隣のビーチに歩いて行けばシュノーケリングを楽しめるくらい綺麗です。

Manly Beach 近隣の Fairlight Beach


1月13日追記

飲食店が基本的に全部禁煙なのは最高でした。レストランやカフェ探しをするときに喫煙可能かどうかでフィルタリングする必要が無いというのが素晴らしいです。

個人的にはこれが一番大きかったかもしれませんが、あまりにも当然すぎて書きませんでした。

List of smoking bans in Australia - Wikipedia