経済的自立を目指す人

経済的自立を目指す人

資産を増やすためのアレコレ

2017年第1四半期の資産状況

第1四半期が締まったのでまとめです。

全体感

以下は資産推移と資産バランスですが、2016年の第4四半期とほとんど変わらず、見ても全く面白くないグラフです。

資産の推移

f:id:tkhrmz:20170401191746j:plain

資産バランスの推移

f:id:tkhrmz:20170401191754p:plain

運用

1月からFXを再開しましたが、運用成績は芳しくなくマイナス30万円くらいです。5分足のスキャルピングと長めの時間足(60分以上)でのスイングをしたいと考えていますが悪いところどりになってしまっているので、今月から5分足のスキャルorデイトレに注力するため一部の資金をそれ専用の口座に移して取り組んでいきます。

FXに限らずですが、投機は定義したルールに従って機械的な損益の計上を継続的にしていくことが可能かどうかが、お金を残せるかどうかの決め手になりますが今のところトレードルールが安定していないのと感情のコントロールがうまくいっておらず情けない結果になっています。週末の時間のある時にはシミュレータで練習していますが、もっと練習が必要だと感じています。

そのほかの投資・投機は一般口座のひふみ投信を残高の1/4売却したのと、証券会社の口座でひふみプラスを自動で定額積立しているのみなので、金額・割合ともに日本株の割合は減っています。

米国株については最終的には資産の50%を上限の目処としていきたいと考えていますが、2017年中にFRB公定歩合の引き上げをあと数回行うであろうと思われるし、多くの識者の予想では金利高騰は実体経済や株式市場に悪影響があるとしていることもあり、本玉は利上げ後の副作用が出るまで温存しておきたいです。とはいえ何もしないのはつまらないので少額を細かく入れたり出したりしたいと考えています。

家計

1月から私が再度働き始めたため収入は倍増しましたが、GWと年末年始の旅行のための航空券の手配に20万円強かかったのと私のiPhoneをリプレース*1したのが第1四半期の大きな出費でした。

食費に関しては、働き始めることによる平日の外食ランチの増加と、安定収入がもたらす安心感から増え気味の週末の外食による外食費の増大が気になっていましたが、ここ3ヶ月の観察では一ヶ月あたりの食費(外食+材料の購入)は3万円程度しか増えておらず安心しました。休日の外食は頻度と金額両方を増やしているのでもっと多いかと思っていましたが、おそらく平日の夕飯をあまりしっかりと作らなくなったのがトータルの食費がさほど増えていない要因かと思います。

他には営業系のサラリーマンならではの出費である革靴の購入や修理やワイシャツ等の購入のための出費が継続的に発生しているのがやや辛いところです。

*1:旧機種のiPhone6を売却したので購入価格は定価の半額くらいでした