経済的自立を目指す人

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

経済的自立を目指す人

資産を増やすためのアレコレ

31歳でミリオネアになってリタイアしたカナダの人の話

以下の記事が目に留まりました。

www.businessinsider.jp

1M USDの資産を作って31歳でITエンジニアを辞めてリタイアし、自分のやりたいことだけをやって生活している夫婦です。どのようなポートフォリオなのか少し興味があったのですが、上の記事には書いていなかったので名前でググるとすぐに出てきました。

www.cbc.ca

They married in 2010 and then took the next step: house hunting. They say they had managed to save $500,000 by working hard and living modestly. The couple was ready to spend it on a down payment — until they saw what was on offer.

2010年に500k USDを貯めて家を買おうとしたそうです。

So the couple decided to nix the house hunt. Instead, they enlisted the help of well-known Toronto financial adviser Garth Turner and invested their $500,000.

家を買うのをやめ、代わりにファイナンシャルアドバイザーにその500k USDをどうしたら良いかと相談しました。

They put 60 per cent in stocks and 40 per cent in fixed income investments like corporate bonds. That ratio shifted when the market turned volatile. The two also continued to live modestly and invest every penny they saved.

60%を株式、40%を社債等に割り当て、値動きに応じて割合を変化させつつ、更に倹約生活で節約できたお金を投資し続けました。

By late 2014, Shen and Leung say they doubled their money to $1 million.

2010年から2014年までの4年間の投資で1M USDの資産になりました。

ちなみに以下はS&P500に連動するiSharesETF(IVV)の週足チャートで、2010年から2014年までを青で塗っています。

f:id:tkhrmz:20170312132857p:plain

2010年は世界各国の金融緩和競争によってリーマンショック後のどん底から株式市場が立ち直りつつあった時期であり、うまいこと時流に乗ったので4年という短期で資産が2倍になりました。結果論ですが「株式市場に参入するタイミングが良かったね」というだけです。今の市況(チャートの右端)で同じことをして同じ結果になると思える人はそんなにいないのではないかと思います。

以下にKristyさんの動画がありますが、人生設計について言っていることは正論だと思います。

www.youtube.com

面白いなと思ったのは、この人はカナダの人ですが、わざわざ動画で言うほどには「家を買う」「会社に忠義を尽くす」「pension(年金)のために定年退職まで職務を全うする」ことがまだ当たり前とされているのだなということです。普通じゃなかったら動画やblogで言う必要はありませんし。

前にもツイートしましたが、日本語で流れてくる”北米では”の情報は非常に限定された地域の一面的な情報で、アメリカのベイエリアにあるテック系の企業で一般的とされているような会社との付き合い方は普通ではないのだということを改めて確認できました。

私もこのリーマンショック後の回復期に投資と勤務先のストック・オプションで財産を作りましたが、前にも書いたように今はほとんどキャッシュポジションであり、今の状態でリタイアすると資産が目減りして行くだけなので不安で実施できないという状態です。今はお金がないとできない経験をするために働いているようなものですが、ポートフォリオが完成したら住む場所を含め変えていく予定です。

また、ここ10年以上の勤務先である数社はいずれもあまり大きくない外資系の現地法人であり単なる営業所なため、平均勤続年数も数年程度と知れていますから忠義を尽くすことなど毛頭思っていません。もらっているサラリーの分の働きをするだけです。

家についてはなるべく個人で固定資産を持ちたくないので、貸してくれる人がいなくなるまでは買わなくていいかなという感じです。人口は減って行くにもかかわらずマンションは供給過剰なようなので10年・20年先に住宅の相場がどうなるか楽しみです。