経済的自立を目指す人

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

経済的自立を目指す人

資産を増やすためのアレコレ

家事の省力化

今年一年はニートだったので家事は全て私が引き受けてきましたが、手がかからないようにもしたので働き始めてもそんなに苦痛な仕事量にはならない予定です。

家事の種類

基本的には以下のタスクです。

  • 洗濯
  • 食事の用意と片付け
  • 掃除

すごい工夫や奇抜さはあまりありませんが、上記をどのように簡略化しているかを書きます。

洗濯

昨年末にふるさと納税で洗濯機を買いました。パナソニックのNA-VH320という狭いスペースにも設置できるドラム式洗濯機です。搬入経路が狭そうだったのでこれにしましたが、搬入の様子を見ていたところかなり余裕があったので通常サイズのものでも十分搬入できそうでした。搬入できるのであれば通常サイズにしたのに、残念。

一般的にはドラム式は縦型に比べて乾燥機能が優れていると言われていますが、特にタオルはフカフカに仕上がり、洗濯だけを行なって浴室や屋外で自然乾燥させるよりも肌触りが良いので素晴らしいです。

基本工程

洗濯から乾燥までを一気に行えるもののみを夜に洗濯機に入れてタイマーをセットし、朝になると終わっているという状態にします。 該当するものはシャツ、タオル、下着等です。

たたまない

たたむという作業は本当に洗濯のやる気を削ぐので、なるべく畳まずに済むようにします。このため洗濯済みのものを放り込んでおく場所を決めておき、洗濯機から出したものをそこに畳まずに入れたりハンガーにかけてクローゼットに収納します。

我が家では下着類は私と妻それぞれ用のカゴに無造作に放り込み、タオル類はリビングのタンスに放り込み、シャツはクローゼットに収納します。キッチン用のふきんはそれ用の入れ物に丸めて収納します。

購入する衣類の選択

洋服に対するこだわりはさほど無いため、シャツ類であればアイロンが不要な形状記憶(安定)以外のものは購入しません。他の衣類もシワになりづらい素材のものを優先的に購入します。この様な運用にした後でアイロン台とアイロンは処分してしまいました。

アイロンがないとシャツはパリパリにはなりませんので、その必要がある場合にはクリーニングに出します。

掃除

家を空ける前にルンバのゴミポケットの中身をゴミ箱に捨て、掃除をスタートさせます。ルンバ自身の掃除は週末に行います。 なるべくルンバが入れないところが無いような家具の配置にしているので、床の90%以上はルンバで掃除できるようになっています。

角等の細かいところは週末等の気が向いた時に掃除します。

食事

一時期作り置きのおかずを試しましたがあまり美味しく作れなかったので諦めました。その代わり単体で食べるものではありませんがパンの付け合わせとして使えるパテなんかを作り置いています。

平日の夜はサラダとスープやパン(と作り置いているパテ)の組み合わせで済ませています。ローストポテト等のオーブン料理もオーブンに入れて放置しておけばいいので楽でいいです。

食事が終わったら食器を食洗機に入れてタイマーをセットし、夜中に動かして終わりです。先日購入した食洗機は毎日使っていて、もはやこれなしでは片付けの面倒さが脳裏をよぎってしまい料理をする気になりません。