経済的自立を目指す人

経済的自立を目指す人

資産を増やすためのアレコレ

Lion FX(Mac用インストール版)にはもっとがんばってほしい

f:id:tkhrmz:20161209145457j:plain

スキャルピング(秒スキャ)を行なっても口座を凍結されることがないということで、ヒロセ通商(7185)が提供するLion FXを使用しています。FXの取引ツールはほとんどの場合.NETかFlash/Silverlightでの取引アプリの提供ですが、そんな中ヒロセ通商はMac OSでネイティブで動作するアプリを提供しています。

ここ1年くらい使っていますが、なかなか良くならないのでそろそろギブアップして他の業者に乗り換えることを検討中で、以下にその理由を記載します。ここに書いたのはたくさんある中の一点でしかありませんが、焦点がぼやけるのを避けるため最も重要と感じているポイントだけを書きました。

アプリの動作仕様の問題

アプリを使用中に、しばしば以下のようなダイアログが前面に表示されます。

f:id:tkhrmz:20161209140835p:plain

他の一般的なアプリケーションと同じくダイアログが表示されると、OKボタンを押してそれを消さない限りは裏にあるウインドウ(取引画面)を操作することもできませんしレートの更新も行われません。また、このボタンを押すと一度アプリが終了して再起動しますが、再ログインするまでは取引ができないので、人の操作無しにレートが更新される状況まで復帰させることができません。

この動作による問題

以下に問題となるケースを挙げます。

1. アラートが動作しなくなる

LION FXクライアントにはアラート機能があり、設定したレートになると画面にダイアログを表示したり音声を出力をすることができるので、デイトレーダーやスイングトレーダーはこのアプリをバックグラウンドで起動したまま置いておき、別の作業をしたり離席しつつ目標のレートに来るのを待つことができますが、アプリが落ちてしまいそれに気がつかないと注文の機会を逃してしまいます。

指値を使えば良いではないかと思われるかもしれませんが、ニュースで突発的に大きく動くことも多いのでそのレート近辺での値動きを見てから注文したい人には不便です。

2. 注文ができない

上に書いたとおり注文ができなくなるので、短時間のスキャルピングで細かく売り買いしている場合は大変なことになります。特に指標発表後の値動きの大きい時は最悪です。新規注文を逃す程度であれば良いのですが、すでにポジションを持っていて決済するタイミングを見計らっている時にこの事象が発生すると、再起動している間に含み益がなくなるだけではなく損失を被ることもあります。

発生頻度の計測

1日に1-2回くらいであれば我慢できなくはないですが、結構な頻度で発生するので、ある日の朝から昼にかけて(8:20-13:00)のエラーの発生を記録しました。以下はメッセージの種類です。

  1. 一定時間サーバーへのアクセスが確認されなかったため、通信を切断しました。
  2. エラーが発生しました。ご迷惑をおかけして誠に申し訳ございません。

そしてこちらが結果です。

カウント 発生時間 メッセージの種類
1 8:29 1
2 8:46 1
3 9:40 2
4 10:06 1
5 10:11 2
6 10:27 1
7 10:32 2
8 11:22 1
9 12:38 1
10 12:44 2
11 12:49 2
12 12:58 1

3時間半に12回の発生が多いか少ないかの評価は人によるのかもしれませんが、私は十分に多いと思います。

ただ、発生頻度はマーケットが開いている間で一様ではなく、ほとんど発生しなかったり頻度がここまで多くない時間帯ももちろんありますが、一日中(8:30-24:00)使用していて5回以上発生しなかった日はありません。

回線の種類

家の回線は光(NTT東)ですが、家の中のネットワークは以下のようになっています。

--光-- |ルータ| --有線LAN(1Gbps)-- |Time Cupsule| --無線LAN(802.11ac)-- |Mac|

切り分け目的でルータに直収もしてみましたが、変化はありませんでした。また、Flashや.NETアプリで同様の問題が発生したことはありませんでした。このためLANも含めて回線には問題無いと判断しています。

ISP以前はSo-netを使用していましたが別のISPに乗り換えています。So-netの時は夜の繁忙時間帯には動画の閲覧ですら支障をきたすほどでしたが今はそのようなことはありません。

回線品質の評価

契約しているISPの回線品質がアプリの安定稼働を阻害しているのではないかと思い、以下のテストを行いました。

1. pingによるパケットロスの計測

pingを連続的にインターネット上の特定のホストに送信してパケットロスの有無を調べましたが、特にロスはみつかりませんでした。

$ ping -c 20 -i 0.2 xx.xx.xx.xx

2. 速度計測サイトでの計測

トレーディングアプリはさほど帯域を使用しているはずはないので数Mbpsも出れば良いはずですが、何度も計測した限りでは最低でも30-50Mbpsは出ているので速度の問題はなさそうです。

要望

Windows用のアプリ(MT5等)やFlash/Silverlightアプリと同じように瞬断があったとしてもユーザーが気付かないように自動再接続して欲しいです。という要望を何ヶ月も前に直接サポート窓口にも出していますが、未だ改善されていません。

App Storeのレビュースコアも低く、2年くらい前から「すぐに落ちる」という投機家の叫びがたくさん見られるのでそろそろいい加減に何とかして欲しいです。プロダクト開発は自販機からジュースを買うように簡単にできるわけではないというのは承知していますが、もっとがんばってください。